Contents|目次

シェイクスピア『外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

三島由紀夫は言った。

 

 

人の外観というものは、全く当てにならない。しかし我々は、その外観に支配されるのだ。美しい異性、美しい食事、美しい景色、美しい色、それらについつい目が奪われて、真実を見誤ることもしばしばある。

 

シェイクスピアは言った。

 

そこにも書いた、『これからの「正義」の話をしよう』にこういう一文がある。

アーシュラ・K・ル=グィンの短編小説『オメラスから歩み去る人々』この物語は、オメラスという町の話であるオメラスは幸福と祝祭の町、国王も奴隷も、広告も株式市場もないし原子爆弾も無いところだ。この町があまりに非現実的で読者が想像出来なくてはいけないからと、作者のル=グィンはオメラスについてもう一つあることを教えてくれる。『オメラスの美しい公共施設のどれかの地下室に、あるいは、ことによると広々とした民家のどれかの地下食糧庫かもしれないが、一つの部屋がある。カギのかかったドアが一つあるだけで、窓はない』。

 

 

この部屋に一人の子供が座っている。その子は知能が低く、栄養失調で、世話をする者もおらず、ずっと惨めな生活を送っている。■その子がその部屋にいることを、オメラスの人々は皆知っていた…その子はそこにいなければならないことを、誰もが知っていた…自分たちの幸福、町の美しさ、親密な友人関係、子供達の健康…さらに、豊かな収穫や穏やかな気候と言ったものまでが、その子のおぞましく悲惨な生活に全面的に依存していることを理解していた…もしその子が不潔な地下から太陽の下に連れ出されたら、その子の身体が清められ、十分な食事が与えられ、心身共に癒されたら、それは実に善い事に違いない。だが、もし本当にそうなったら、その瞬間にオメラスの町の繁栄、美しさ、喜びは全て色褪せ、消えてなくなる。それが子供を救う条件なのだ。■

目で見えるこの世界は、妙に美しいものばかりだ。これはもしかしたら、『人間寄り』として故意に作られた、虚像なのかもしれない。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

西堀栄三郎『同じ性格の人たちが一致団結しても、その力は和の形でしか増やせない。異なる性格の人たちが団結すれば積の形で大きくなる。』 ケン・ケイエス・ジュニア『持っていないもののことを気にしていると、持っているものを無駄にしてしまいます。』 パブロ・ピカソ『昔、母は私にこう言った。お前が軍人になれば、将軍となるでしょう。修道士になれば、法王となるでしょう。そして私は画家となり、ピカソとなった。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

シェイクスピアの名言・格言一覧