『ヒト』を最適化しよう。

小林一三『サラリーマンとして成功したければ、まずサラリーマン根性を捨てることだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

サラリーマンでいる人は、サラリーマンになるための脳が出来上がっているからこそ、サラリーマンなのだ。実に単純な理論であり、ちょっと考えてみればわかる話なのである。例えば、両親が会社を経営していたり、資産家だったとする。彼らはノウハウをマスターしている。帝王学を教えることもある。ということは、既に彼らは『サラリーマン脳』ではないことは明白。だとしたら、その両親の子供である人物は、それらをそのまま受け継ぐことになる。

 

 

例えば、『上司へのヨイショの仕方』ではなく、『いかにして人の管理を最適化し、かつ越権的にならないか』という帝王学を学ぶのだ。最初から教育方針が違うのである。『取締役になれる人 部課長で終わる人』にはこうある。

評論家の長谷川慶太郎は『三術がサラリーマンをダメにする』という。長谷川は社内研修に呼ばれると、『生活態度を改め、次の三つのことをやめなさい』といって、『麻雀』、『カラオケ』、『ゴルフ』をやめるように勧告している。この三つは過去のサラリーマンの遊びであり、新人類たちはやらない。つまり、時代にそぐわない遊びであり、こんなことに時間を浪費しているのは『世捨て人』しかいないはずだ。と長谷川は厳しく切り捨てる。ビジネス最前線で仕事をするのならば、もっと時代に即した発展的な遊びをしなければならない。というわけである。

 

取締役になりたいのなら、サラリーマンの遊びはやめるべきである。それは現実からの逃避であって、明日への挑戦にはならないからだ。取締役になるということは、『明日の会社』を担う人材でなければならない。それが『今日の憂さ晴らし』に貴重な時間を費やしているのでは話にならない。『どうしても麻雀がやめられない』とか『カラオケがやめられない』という人は取締役になることを諦めるしかない。

 

『体質改善』と全く同じ原理で、『脳質改善』をすることでこの問題は解決する。

 

関連リンク:パラダイム転換とは

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

小林一三の名言・格言一覧