『ヒト』を最適化しよう。

小林一三『適材を適所に置くということは、口では簡単に言うが、そんなに適材がゴロゴロ転がっているものではない。責任を持たせて、どしどし仕事をさせるのが一番だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『適材を適所に置くということは、口では簡単に言うが、そんなに適材がゴロゴロ転がっているものではない。責任を持たせて、どしどし仕事をさせるのが一番だ。ときどき、「馬鹿者!」と頭から小言を言ったり、尻をひっぱたいたりしているうちに、若い人はなんでもできるように育っていく。私はその主義を実行している。』

 

 

ここで言っているのは、『適材の意味を間違えるな』ということ。つまり、(ここはどうせ俺の適所ではないし)と言っている人間には、どこを見渡しても『適所』を見つけることは出来ないのである。

 

小林一三は言った。

 

あるいは、野球界の打撃の神様と言われた川上哲治も、

 

と言っているが、バーナード・ショーの言うように、

 

ということなのである。『適所がある』のではない。『適所にしていく』のだ。それは、『住めば都』という言葉一つ考えただけでも、見えて来るはずの理論である。自転車に乗った時のことを思い出せばいいだけだ。

 

 

補助輪があったのか、親が補助をしてくれたのか、どちらにせよ、それがなければ自転車は運転できなかった。つまり、最初、そこは自分の『適所』ではなかった。居心地は悪かった。何しろ、慣れていないし、思い通りに行かない。だがどうだ。その後の自分と自転車との相性は。思い通りに行くのではないのか。だとしたら『適所にした』のだ。それはもちろん、支えてくれた外部要因の力もあるが、最終的には自分の努力だ。それがそこに適所を作ったのだ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』 『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧

小林一三の名言・格言一覧