『ヒト』を最適化しよう。

ゲーテ『その夢を失くして、生きてゆけるかどうかで考えなさい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

生きてゆけるなら、自分がやりたいことはまだ他にもあるということになる。だが、どうしてもそれを失くしてしまうと、自分が生きている意味さえわからなくなってきて、パニックを起こしてしまい、あるいは命を絶ってしまうというのであれば、その人とその夢は、強い絆で結ばれた、まるで『片割れ』だ。

 

『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

喜劇作家であるアリストパネスは演説でこう言った。

『かつて人間は二つの肉体が背中合わせとなった存在であった。』

一体となっている二つの肉体のどちらも男である場合、どちらも女である場合、そして男と女である場合(両性具有=アンドロギュロス)があった。残念なことに、ゼウスの決定により、彼らの肉体は二つに分断された。それ以来、私たちは分離されてしまった片割れを求めている。元の肉体の組み合わせにより、求める片割れは男もしくは女である。アリストパネスによると、この探究こそが私たちが愛と呼ぶものである。愛とは、失われた原初の結合を回復しようとする欲求である。愛によって自分と一体であるべき片割れを見つけ出し、私たちの本来の姿を完全に回復できた時、私たちは最高の幸せを手に入れることが出来る。

 

アリストパネスが言うのは、男女のことだ。しかし、これとほぼ同じイメージで、このゲーテの話も通用するのである。あるとき、韓国の天才棋士、趙治勲は、交通事故に遭い、全身麻酔を伴う大手術が必要になった。執刀医に、全身麻酔をすると脳にも影響が出て、碁が弱くなる可能性を否定できないと告げられる。

 

しかし趙治勲はこう言ったのだ。

 

私が見る限り、この『片割れ』に出会って、それを大切にしている人間は、何かしらの大きな結果を出しているか、あるいは、人生に悔いを残さない。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ゲーテの名言・格言一覧