『ヒト』を最適化しよう。

黒田官兵衛『人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。気の合う家来が、もし善人であったならば、国の重宝となるが、悪人であったとすれば、国家の妨げとなるのであるから、大変な違いである。家来たちの中に、たとえ自分と気が合わない者がいて、それを傍ら近く召し使い、軽い用事を勤めさせることがあっても、その者に心を奪われてはならない。』

 

マキャベリも、

 

と言っているが、人間を信用するというのは、そもそも間違った考え方だ。信用するのは人間ではなく、『人物』にした方が良い。人間というものは、弱き生き物なのだ。今日、明日を生きていくだけで必死なのだ。他の事に気を配る余裕がない人が、ほとんどなのだ。そういう人たちに、理路整然として包括的な視野、視点を期待することは道理に合わない。むしろ導いてやらなくてはならないし、裏切られることがあって当然なのだ。

 

『人物』、つまり人格や、性格への好き嫌いはあっていい。しかしそれでも、『人間』を信用することがあってはならない。それはもちろん、自分自身もその範囲内である。『人間本位』にならなければ大丈夫だ。人間が全知全能の神ではないことを知っているのなら大丈夫だ。

 

byヴォルテール

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

黒田官兵衛の名言・格言一覧