『ヒト』を最適化しよう。

黒田官兵衛『分別過ぐれば、大事の合戦は成し難し。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

意味は、

『あまり深く考え過ぎたり用心し過ぎると、勝負に出ることができず、結局、勝機を失ってしまい、勝負に勝つことができない。』

 

というもの。しかし、次のやり取りを見てどう思うかだ。

 

毛利軍軍師、小早川隆景は言った。

 

秀吉の軍師、黒田官兵衛は、小早川に言った。

 

黒田官兵衛

私は決断は早いが、あとで後悔することが多い。ところが、そなたはそういうことが少ない。なぜなのですか?

 

小早川は言った。

 

あなたは優れた軍師である。一を聞いたら十を知る。それに比べると私は愚鈍で、一を聞いたら、まずその”一”に引っかかってしまう。そして、長く思案して決断するようになったのだ。

小早川隆景

 

私などは『小早川の方』だ。黒田官兵衛の様に『後悔する』ということはない。そして、一度決断するとテコでも動かない。だから、決断するときは熟慮する。しかし、官兵衛の言う通り『勝機を失う』ということであれば、それは『考えすぎ』、『保守的』ということになる。この件に関しては、日本の現代の経営の神、稲盛和夫の言葉で締めておいた方が良いだろう。

 

『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する。』

 

私はとても慎重な性格で、このおかげで大きな失敗はなくても、大きな成功もない。このことについて真正面から直視するべきである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

同じ人物の名言一覧

黒田官兵衛の名言・格言一覧