名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マキャベリ『民衆は頭をなでるか消してしまうかのどちらかにせよ。』

マキャベリ


イタリア政治思想家 マキャベリ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


民衆、群衆というものは、意志があるようで、まるで無い。

 

会衆、モッブ、パニック』という集団心理があって、

 

会衆』とは、受動的な関心で集まった人達の事。『モッブ』とは、強い感情に支配された集団の事で、暴動が起きるケースなどにあたる。『パニック』は、突発的な危険に遭遇して、群衆全体が混乱に陥ることであるが、これ一つ考えただけでも、思い浮かべられるのは意志のない烏合の衆そのものである。

 

烏合の衆

 

この『烏合の衆』に殺された人間の代表が、ソクラテス

ソクラテス


そして、 キリストである。

キリスト

 

マキャベリの言葉は一見すると常に冷酷無比に見えるかもしれないが、それは間違いだ。『群衆が冷酷無比』なのである。マキャベリはそれを正確に映した『鏡』でしかないのだ。

 

いや、人間一人一人はもちろん素晴らしい心を持っているだろう。だがそれとこれとは違う。大勢が右に動いたら、その他大勢も右につられて動いてしまう。それが集団心理というものだ。

 

だからといって軽んじて見下すと痛い目に遭う。君主、リーダーたるものは、まるでそういう一つの『目に見えない怪物』を調教するかのような、そういう視点を一つ持ちたい。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

マキャベリ『民衆は頭をなでるか消してしまうかのどちらかにせよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『運命は我々の行為の半分を支配し、他の半分を我々自身にゆだねる。』

 

『天気のいい日に嵐のことなど考えてもみないのは、人間共通の弱点である。』

 

『たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ。』

 

『災いは最小限にくいとめられるなら、幸運とみなすべきだ。』

 

『民衆は、群れを成せば大胆な行為に出るが、個人となれば臆病である。』

 

『民衆というものは、善政に浴している限り、特に自由などを、望みもしなければ、求めもしないものである。』

 

『不正義はあっても秩序ある国家と、正義はあっても無秩序な国家のどちらかを選べといわれたら、私は前者を選ぶであろう。』

 

『謙譲の美徳を持ってすれば、相手の尊大さに勝てると信ずるものは、誤りを犯すはめに陥る。』

 

『好機というものは、すぐさま捕まえないと、逃げ去ってしまうものである。』

 

『衆に優れた人物は、運に恵まれようと見放されようと、常に態度を変えないものである。』

 

『相手を、どんなことにしろ、絶望に追い込むようなことは、思慮ある人のやることではない。』

 

『長期にわたって支配下に置かれ、その下で生きるのに慣れてしまった人民は、何かの偶然で転がり込んできた自由を手にしても、それを活用することができない。』

 

『中ぐらいの勝利で満足するものは、常に勝者であり続けるだろう。』

 



↑ PAGE TOP