『ヒト』を最適化しよう。

アウレリウス『未来を思い煩うな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

アウレリウスはこうも言う。

 

まさに今回の言葉とリンクする言葉だろう。人生は、今、この瞬間を生きることの積み重ねだ。明日、二段目を重ねようと思ったら、今日、一段目を積まなければならない。

 

アメリカ合衆国建国の父、ベンジャミン・フランクリンは言う。

 

今日、積み上げる一段目があるから、明日、その上に二段目を積み上げることができるのだ。見るべきなのは以下の黄金律である。

 

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

 

一歩の価値を見誤ってはならない。万里の道も一歩からである。

 

一歩

 

また、現代の経営の神、稲盛和夫は、

『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に行動する。』

 

と言ったが、これも同じ的を射ている。未来のことなどいくら考えてもわかるはずがない。大体のことが予測できるだけだ。確かなのは、今日、自分がどんなことができるか、ということだけである。大体のことしか予測できないなら、最初からそれは気軽に考えればいい。(きっとそうなるだろう)というくらいの、楽観的でいい。だが同時に、(しかし実際には試練があるはずだ)という、リアリズムが欲しい。そのリアリズムを持てる人間とは、今この瞬間から目を逸らさない勇気ある人間である。

 

どの道最後はなるようにしかならない。しかしそこは、過去の経営の神、松下幸之助が、

 

と言ったように、だからといって自分の持つその10%の可能性を過小評価し、努力を怠ってはならない。『人事を尽くして天命を待つ』。その言葉の意味は、『人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果は天の意思に任せる』ということだ。『人間の能力でできる限りのこと』を本当にしたのかどうか常に自問し、毎日を生きていくことが必要である。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧