名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > >   >

 

アウレリウス『今の瞬間だけに生きよ!』

アウレリウス


ローマ帝国皇帝 アウレリウス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


教育者の岩淵克郎は言った。

『一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日。一日を一生の如く真剣に生き、一生を一日の如く気楽に生きたい。』

 

ということは、アウレリウスが言う『一瞬を生きる』ということは、結局『一生を生きる』ことに繋がるのである。

 

では、少し目線を変えて次のことを考えてみる。

 

孔子は言った。

『人生とは一瞬ではない。一生なのである。』(超訳)

 

一見すると『一瞬』を否定している様に見えるが、リンク先にも書いたがこれは、

 

『一瞬も、一生も、人生なのである。』

 

という意味なのだ。つまりこれらのことを総合的に考えると、刹那的に生きようとする人間が、出鼻をくじかれるのがわかるはずだ。人生は、刹那(一瞬)ではない。だから、『刹那的に生き、場当たり的に生き、努力など放棄しよう』という結論には至らないのだ。

 

基礎

 

これは、私が若き日に言ってほしかった言い回しだ。その一瞬は、明日に続いている。このテーマに関してこれ以上分かりやすい話はないだろう。それが、イチローと、ある記者のこのやり取りである。

 

記者『イチロー選手は、なぜ同じ毎日の繰り返しで、成功することが出来たんですか?』

 

イチロー『確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

アウレリウス『今の瞬間だけに生きよ!』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自らに問うてみよ。 「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありえようか」 「ありえない」と答えるだろう。それならば、ありえぬことを求めるな。』

 

『人の一生は短い。君の人生はもうほとんど終わりに近づいているのに、君は自分に尊敬をはらわず、君の幸福を他人の魂の中に置くことをしているのだ。』

 

『汝、穏やかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし。』

 

『幸福な生活をするのに必要なものはほとんどない。それはあなた自身の中、心の持ちようにある。』

 

『各々の物はそれが創られた目的に向かって惹かれる。惹かれるものの中に、各々の目的がある。目的のある所に各々の利益と善がある。』

 

『君の精神は、君の平生の思いと同じようになるであろう。なぜならば、魂は思想の色に染められるからである。』

 

『競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって避ける。人生という競技場でも、共に競技をしている人たちを大目に見てあげようではないか。人を疑ったり憎んだりせずに避けることは可能なのだから。』

 

『よし君が怒って破裂したところで、彼らは少しも遠慮せずに同じことをやりつづけるであろう。』

 

『他人に関する思いで君の余生を消耗してしまうな。』

 

『未来を思い煩うな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。』

 



↑ PAGE TOP