『ヒト』を最適化しよう。

キケロ『人はひとりでいる時が、もっとも精神的に多忙である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

まず注意深く見てもらいたいのは、デール・カーネギーの名著『道は開ける』にあるこの一文である。

忙しい状態に身を置くと言う単純なことで、なぜ不安を拭い去ることが出来るのだろうか?そのわけは、ある法則─心理学が明らかにしたもっとも基本的な法則のためである。(中略)将兵たちが戦場で衝撃的な体験を重ね、『神経症』と呼ばれる状態で戻ってくると、軍医たちは処方箋に『多忙にしておくこと』と書き込むのだった。

 

詳細は、古代ギリシャ三大悲劇詩人、ソフォクレスの、

 

に記載した。つまり人は、『一人でいるとき』というよりも、厳密に言うと『一人であれこれと考えてばかりいるとき』が正確だが、文字通りあれこれと答えの出ないことをぐるぐると頭の中で考えて、憂いたり、疲れたり、病んでしまったりするものだ。

 

あれこれ

 

しかし、ひとたびその環境を一変させれば、悩む暇などなくなってしまうのである。例えば、外で多忙を極めて、夜寝るその瞬間までびっちりと予定を詰める。例えばそれは、テレビ鑑賞でもストレッチでも入浴でもいいのだ。とにかくびっちりと詰めれば、寝るときにはもうへとへとだ。悩む暇などない。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『愛があれば全ては解決する。』

 

どうしても寝れないなら寝酒を飲んでもいいが、それが逆効果になるなら、逆にその『寝れない』という一つの要因を、『悪い方向』ではなく『利用する方向』に持っていくことが出来ないだろうか。例えば私の様に、文章だ。ハーバードで学士号を取り、 スタンフォードで博士号を取得したソニア・リュボミアスキーの著書、『幸せがずっと続く12の行動習慣』にはこうある。

心理学の世界では『トラウマとなる過去の出来事に関して心の奥底にある感情を書けば、多くの恩恵がもたらされる』という結果が次々と出ています。

 

詳しくは、コルネイユのこの言葉、

 

ここに詳細を書いたが、その繊細な感情と、想像力、自分の頭の中でぐるぐると回しているだけではもったいない。レオナルド・ダヴィンチアインシュタインも学習障害があった。エジソンだって小学校を3か月で退校させられている。だが、それがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならないのは、彼らの活躍ぶりを見ればおわかりだろう。更に詳しく知りたいのであれば、下記の記事を見るといいだろう。

 

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧

キケロの名言・格言一覧