『ヒト』を最適化しよう。

グリルパルツァー『私は賢明に思慮をめぐらし、愚かに行動し、一生の日々を送った。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ソクラテスは言った。

 

つまり人間は、一生全知全能にはなれない。とある知識を突き詰めたとしても、とある知識は全く知らない。それなのに、全知全能のふりをして、傲慢不遜な態度を改めようとしない人間が居る。彼らの様な人間よりは、ソクラテスの人生は賢明であり、知的だ。無知者と知者の違いはさしずめ、そこにあるといっても差し支えはない。そう考えると、『自分は無知に決まっている』と考える思慮は、賢明。というか、賢明に考えたからこそ、『自分は無知だ』という事実に辿り着いたのだ。

 

では、『その思慮』まで辿り着いた人は、その後どういう行動をとるだろうか。『知者』の行動をとるだろうか。何かこう、達観していて、ミスのない、神懸かった行動を取るだろうか。いや、取らないだろう。彼らも『取れるわけがない。無知なのだから。』という考えに辿り着いただろう。

 

いやもちろん、『歩く足を川辺で止めなければ、川に落ちてしまう』ことは知っている。だから、その行動は取らない。だが、『無知の知』が指し示すように、人は永久に無知なのだ。『川に落ちてしまう』ことは知っていても、その他に知らないことが、山の様にある。それが人生だ。だとしたら、今日、取ったその言動が、読んだ本の理解が、本当に正しいものとは、限らない。

 

川

 

確かに『川辺まで歩いて、ギリギリで止まる』ならば、彼は『川に落ちてしまうことを知っている知者だ』ということになるが、それを大の大人が、毎日毎日、しかも一生繰り返していたらどうだろうか。

 

(私は無知ではない。こうして落ちることを防げる。知者なのだ!)

 

周りから見たら、何らかの病を患った者にしか見えないだろう。彼は無知であることを恐れ、『無知な人生』を送ってしまったのだ。ユニクロことファーストリテイリング社長の柳井正は、『一勝九敗』という本を書いた。柳井正がユニクロという勝利を勝ち取るまでには、実に多くの失敗の積み重ねが無ければあり得なかったのだ。

 

柳井は言う。

『勝利しか体験していない人間(企業)は、ただ挑戦していない(勝ち逃げしている)だけだ。危機につながるような致命的な失敗は絶対にしてはならないが、実行して失敗するのは、実行もせず、分析ばかりしてぐずぐずしている奴ほどよっぽどいい。私も多くの失敗から学び、経験し、そしてようやく一勝を挙げた。』

 

未踏未達の人生を生きれば、舗装されていない道路のせいで、足を怪我することがあるだろう。しかし、それは人生に挑戦している証なのだ。それはグリルパルツァー曰く、『愚かに行動する』ということなのだ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧