『後悔したくない方』はこちら

加藤秀俊『「創造的」な人間というのは、既存の思考枠を、いったん白紙にもどして、はじめから考えなおしてみることのできる人間のことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ニーチェは言った。

 

そこにも書いたが、『創造』というのは、『無から有を生む』ということだ。そう考えると、『創造性』というものは『イノベーション(革新)』そのものである。温故知新の文字通り、既存のものを新たな視点で解釈し、そこに新しい価値を見出す。私は完全にそっち側の人間だが、そっち側として生きてきて、そっち側とあっち側の人間の違いを嫌というほど見て来た。『あっち側』の人間は、とにかく『否定する』のである。私は何度否定されたかわからない。

 

やれ『出来ないよ』とか、『無理でしょ』とか、身内にまでそれがいる始末だ。やる前から出来ないと決めてかかる人間を私は、たとえ身内であろうと良しとしない。彼ら、彼女らの様なドリームキラーとは、生涯関係を断ち切ることも本気で考える。いや、そもそもそれをする人間は『身内には値しない』と考えてしまうのだ。それだけ、うんざりするほど体験してきたという事である。

 

事実、『私が何もしていないのに』私の足を引っ張った身内とは、現在進行形で関係を断っている。彼らが私にそのことについて謝罪をするまでこの問題が解決することはない。それについて理解できるのは以下の記事である。

 

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

 

さて、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

 

まさにその通りなのである。既成概念や固定観念に囚われている人間に『創造性』はない。何しろ『例に倣っている』のだ。『倣う』という字は『右へ倣え』というときに使う言葉。そういう人間のどこに『創造性』があるのか、少し考えてみると良いだろう。

 

イノベーション

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』