『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

織田信長『人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

平均寿命は上がっている。だが戦国時代よりはるか1000年以上前、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

 

という偉人たちは、70歳~80歳という人生を生きた。それを考えると、『平均寿命が上がった』というのは間違いで、2500年前から、平均寿命は80歳と決まっているようである。だが、別にそういうことを言っているのではない。50歳でも80歳でもどちらでもいいのだ。私の父は60歳になる前に亡くなったし、私の部下の実兄は、小学生で事故死した。あるいは、私は次男だが、実は三男で、もう一人死産した兄弟がいる。彼(彼女)は、この世でオギャアと言う間もなく、命を終えたのだ。

 

部下は、20年経った今でも未だにそれの後遺症があるが、我々の様に、身内を早くに亡くした人間は、本来、命の尊さを知っていなければならない。だから私は信長のこの言葉の重みをよく理解している。我々は、たった一度の人生を生きているのだ。そのことについて一度じっくりと考えて、悔いの無い人生を生きなければならない。

 

フランスの小説家、ブールジュは言った。

 

人生の儚さを知り、尊い人生を生きよう。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧