『後悔したくない方』はこちら

オクセンシェルナ『運命に手を差し延べるのは、運命の苛酷さを和らげる最も確実な手段である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

フランスの人間探究家、ジャン・ド・ラ・ブリュイエールは言った。

 

運命から逃げて、人生から目を逸らし、それに反応するだけの結果を得る人間は、まるで悲劇のヒーロー・ヒロインである。フランスの小説家、ブールジュは言った。

 

考えた通りに行動すれば、考えた通りの結果が出る。それの成否は関係ない。それも、『考えたはず』だ。イングランドの劇作家、シェイクスピアは言った。

 

逃げるのではない。『向かっていく』のだ。前のめりに、自分から。イギリスの詩人、ラドヤード・キップリングは言った。

 

運命が過酷?とんでもない。ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

 

ドイツの小説家トーマス・マンは言った。

 

運命が過酷なのではない。人生が虚しいのではない。オーストリアの心理学者、アドラーは言った。

 

そういうことなのである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』