『後悔したくない方』はこちら

アドラー『「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人であるアドラー。彼は言う。

『人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」にはなっても「解決」にはならないだろう。「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。「変われない」のではない。「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

「信用」するのではなく、「信頼」するのだ。「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。「暗い」のではなく、「優しい」のだ。「のろま」ではなく、「ていねい」なのだ。「失敗ばかり」ではなく、「たくさんのチャレンジをしている」のだ。判断に迷ったときは、より大きな集団の利益を優先することだ。自分よりも仲間たち。仲間達よりも社会全体。そうすれば判断を間違うことは無いだろう。』

 

彼のこの言葉にも、あの言葉がリンクする。

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

 

『インサイド・アウト』だ。この言葉の意味を自分のものにするなら、下記の黄金律を見るといいだろう。

 

 

Twitter上の考察意見


MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

アドラーの名言・格言一覧