『ヒト』を最適化しよう。

エマーソン『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『赤信号、みんなで渡れば怖くない。』と思うだろう。『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。』からだ。だが、赤信号は『とまれ』だ。また、『赤信号、ひとりで渡れば孤高の人』と言って一人で渡るのは簡単だ。別に誰も止めない。そもそもその人の名前も知らない。赤の他人がやることをいちいち人は、注意しない。『自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい』のだ。

 

では、もし100人が一斉に赤信号で渡ったとしたら渡らなかった人が『孤独』になるのだろうか。一見するとそういう風にしか見えない。その100人もその一人を、そういう風に見ることだろう。だがとんでもない。ダンプカーに轢かれた100人のうちの数人が病院のベッドの中で思い出すのは、一人、渡らなかった『孤高』の人間の生き様である。

 

『群集の真っ只中にありながらも、自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間』は、確かに周りから見れば『異常』である。なぜなら、普通、大人数側が『正常』で、少人数側が『異常』になるからだ。だからこのケースも、渡った直後は『異常』だと思われていた一人の人間が、事故後に、『あの人だけが正しかった』として、悟りの境地にでもいる殿上人かの様に扱われる。

 

広告の神と言われた、クロード・ホプキンズは言う。

 

彼が殿上人なのではなく、その100人が未熟だっただけだ。多数決や常識といった、不確かで何の確証もないものに屈し、たったそれだけのことを見誤ってはならない。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』 『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

エマーソンの名言・格言一覧