名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ジョージ・ワシントン『過去の過ちから役に立つ教訓を引き出すためと、高価な代償を払って得た利益を得るためでない限り、決して過去を顧みるな。』

ジョージ・ワシントン


アメリカ大統領 ジョージ・ワシントン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『過去は常に間違っている』という考え方で、人間は、前へ前へと進んでいるわけだ。

 

野口英世はこう言い、
『過去を変えることはできないし、変えようとも思わない。なぜなら人生で変えることができるのは、自分と未来だけだからだ。』

相田みつをはこう言い、
『人生において 最も大切な時 それはいつでも いまです。』

トルストイは言った。
『過去も未来も存在せず、あるのは現在という瞬間だけだ。』

 

というか過去がもし正しかったとしても、過去に戻ることは出来ない。従って、過去のことにいつまでもしがみついていたって始まらないわけだ。

 

大事なのは常に今この瞬間である。その積み重ねに未来があるのである。その未来を創る為には、今この瞬間に全神経を集中させなければならない。

 

だが、しかし過去にも注目に値するべき圧倒的な事実というものがある。アインシュタインは言った。

『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!』

 

 

我々は常に、先人たちの失敗を糧にし、先人たちの成功を足掛かりにし、前へ前へと進んでいくべきなのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

ジョージ・ワシントン『過去の過ちから役に立つ教訓を引き出すためと、高価な代償を払って得た利益を得るためでない限り、決して過去を顧みるな。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『下手な言い訳をするよりも言い訳しない方がましだ。』

 

『常に継続してやっていれば、素晴らしいことが出来るようになる。』

 

『政治とは理性ではない。雄弁でもない。政治とは力である。炎のような、つまり、危険な使用人であり、恐ろしい主人である。』

 

『賭博は貪欲の子供であり、不正の兄弟であり、不幸の父である。』

 

『戦争に備えることは、平和を守る最も有効な手段のひとつである。』

 

『人々の権利を確保するため、人々の間に政府が組織される。』

 

『正直は、常に最上の政策である。』

 

『その場にいない人を、批判してはいけない。』

 

『人の話の腰を折ってはいけない。人の話題を横取りしてもいけない。』

 

『友情は成長の遅い植物である。それが友情という名に値する以前に、それは幾度か困難の打撃を受けて耐えなければならぬ。』

 



↑ PAGE TOP