『後悔したくない方』はこちら

邑井操『人間関係はこちらの出方次第。あたかも鏡の前に立つようなもの。こちらが笑えば向こうも笑う。こちらがしかめ面をすれば相手も渋面になる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『鏡の法則』という本があるくらいだ。そのことを考えても、自分の身の回りで起きていることは、すべて自分の責任にあると考える心構えが、必要だ。簡単に2行で言い表したが、これを本当にやっている人は少ない。

 

今、この3行目に目を向けている人の中に、どれだけそれを遂行出来ている人がいるだろうか。

 

5行目、本当に理解しないで目を進めていいのだろうか。

 

6行目、本当に見て見ぬフリをして人生を前に進めていいのだろうか。

 

7行目、モンテーニュは言った。

 

9行目、どれだけこの記事で、自問して内省することが出来ただろうか。

 

さて、どういう感想を抱いただろうか。『それ』が自分の心の反映である。ちなみに私は18歳の頃、恩師に『醜い、ずるい、汚い、卑怯者』と言われ、刹那では、確かにその人たちを憎んだ。

 

しかし刹那だった。次の瞬間には、私は自分に非があることを認めた。それが最も光り輝いていた道ったからだ。その『目』を鍛えてくれたのは、恩師だった。

 

私が彼らを『恩師』と呼ぶようになったのは、彼らと別れ、数年が経った頃の時だった。

 

上の14行で理解出来なかった場合、下記の図を見ると良いだろう。我々が求められているのはインサイド・アウトの発想だ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』