名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ロマン・ロラン『もっとも偉大な人々は、人に知られることなく死んでいった。人々が知るブッダやキリストは、第二流の英雄なのだ。』

ロマン・ロラン


フランス作家 ロマン・ロラン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


数年に渡ってブッダキリストを学んできた私にとっては、一瞬『イラッ』としてしまったが、別に私は彼らの信者ではないので、この言葉をスルーしてはならないと判断した。

 

そして確かに、この疑問は私も水面下で常々思っていたことだった。

(人に伝えられないまま隠蔽されて死んだ勇者は、歴史に残るわけがないわけだが、 彼らが燃やした勇気は、熱意は、情熱は、無下にされていいのだろうか。あるいは本当に勇気ある人間の話は、必ず浮上するものなのだろうか。

 

記憶

 

あるいは、自分も彼らの様な偉大な人間になろうとするならば、半ばカルト教団の教祖的に集団を動かし、あるいは集め、説教をし、言いくるめ、時に洗脳し、時にこき使い、書物に残し、言い伝えさせ、あるいは忘れられないくらい大きな何かをしでかし、それで記憶に焼き付かせ、つまり記録にも、記憶にも残るように画策し、躍起になることが、求められるのだろうか。)

 

そういう疑問は、常に頭をよぎっていた。だが私は、ロマン・ロランがブッダやキリストを否定しているわけではないと判断する。『真理について話が出来る人間』は、間違いなく一流だからだ。それにエマーソンはこう言っている。

 

『偉大であるということは誤解されるということだ。』

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood....

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)



『真理を説く』ということは、往々にして『誤解される』ということだ。つまり、『誤解されようが何だろうが、真理を説いた』彼らが、 二流だという浅い結論を、ロマン・ロランは出さないであろう。(調べればいいだけなのだが、これは自分の頭で考える為の修行のため、推測とする)

 

彼らほどの偉人であれば、『そもそも人に一流も二流もない』と言うだろう。それが私の買い被りなのであれば、彼らは二流だ。だがその通りであれば、彼らは一流だ。

 

とにかくロマン・ロランがどんな立場でそれを言ったかは知らないが、ブッダやキリストほどの人物であれば、『自分より、他人にパンを与えなさい』 と言うはずで、 『自分の身には栄光は似合わない。栄光は他の人にあげなさい』と言うということ。

 

カメラ

 

だとしたら、彼らが二流で、他の大勢の人たちを偉大と掲げた意味はわかる。しかしロマン・ロランの意図はどうだっただろう。

 

関連リンク:

『エゴイズムでない人間は、精子の段階で消滅する。』

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ロマン・ロラン『もっとも偉大な人々は、人に知られることなく死んでいった。人々が知るブッダやキリストは、第二流の英雄なのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『他人の後ろから行くものは、けっして前進しているのではない。』

 

『人生は人間が共同で利用するブドウ畑です。一緒に栽培して、ともに収穫するのです。』

 

『男性は作品を創る。しかし女性は男性を創る。』

 

『決して誤ることがないのは、何事も為さない者だけである。』

 

『自分を買いかぶらない者は、本人が信じているよりもはるかに優れている。』

 

『理想主義のない現実主義は無意味である。現実主義のない理想主義は無血液である。』

 

『今日の新聞・雑誌は嘘の巣窟だ。そして読者の十中八九までが、嘘に丸め込まれる可能性がある。』

 

『人生は往復切符を発行していません。ひとたび出立したら、再び帰ってきません。』

 

『万人のうちで最も偉大なのは、万人のために鼓動する心をもった人である。』

 

『裁判が、カネ次第で白を黒といい負かす技術であることは周知のとおりである。』

 

『病気はためになることが多い。肉体を病めることによって魂を解放し、浄(きよ)める。一度も病気をしたことのない者は十分に自己を知っているとはいえない。』

 

『幸福とは、自分の分を知って、それを愛することである。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP