『後悔したくない方』はこちら

別役実『エゴイズムでない人間は、精子の段階で消滅する。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私はこの言葉を見て、ようやくロマン・ロランの、

 

の言葉の意味の理解に少し近づいた気がした。なるほど。精子はエゴイストでなければ生き残ることが出来ない。最もエゴチズム(生存欲求)が強い精子だけが、卵子の中で勝ち残るのだ。それで構成されて出来た人間の生命が、エゴイストでないわけがないということか。つまり、キリストやブッダは、生まれた時点でもう『エゴイスト』だった。その前に、精子の段階で『利他的な精子』がいて、彼らに『譲られた』のだ。

 

(どうぞ。君が生き残ると良いよ。)

 

精子

 

そう考えるとロマン・ロランの言葉の意味を理解できるようになった。もちろん、この解釈と彼の言葉が同じところを突いているかどうかは定かではないが、この解釈でも理解して人に説明することが出来るようになったのだ。いやはや、自分の無知と視野の狭さを思い知る毎日である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧