名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

アウグスティヌス『葬式は、死者に対する務めというよりは、生者に対する慰めである。』

アウグスティヌス


北アフリカ哲学者 アウグスティヌス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私はこの見解について、まったく同感である。

 

孔子の超訳記事にも、

孔子

『葬式が重要?退屈そうな奴や寿司のことを考えている奴がいるのに?何か勘違いしていないだろうか。』

 

ブッダの超訳記事にも、

ブッダ

『まさか、その上辺の儀式をやればそれでいいと思っているわけではあるまい。』

 

こう書いているが、彼らの言葉を、独断と偏見で超訳し、顕著に歪曲はしていない。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    アウグスティヌスの言葉を自分のものにする



    例えば孔子は、
    『自分の先祖の霊でもないのにペコペコ頭を下げて拝むのは、信心深い行為をしているのではなく、 あわよくばご利益を得ようとの下賤な行為だ』

    と言っていて、私と同意見を持っていたのである。そしてこうも言う。
    『葬儀は、形式を整えるよりは、心から哀悼の意を表すことが肝心だ』(八佾第三-四)

    あるいはこうも言っているのだ。
    『死者の身内は哀しみで食事も喉を通らないほどなのだから、そのそばでは、パクパクものを食べるのは控えた方がよい』(述而七-九)

     

    これは事実なのである。

    例えば、人が死んだ。その死がとても、悲しかった。その死体を埋めて、それだけではあまりにも無残で、可愛そうだと思った

     

    自分の心の整理もつかなかった。明日、あげようと思っていた洋服や、アクセサリーや、本があった。毎年楽しみに食べていた、食べ物があった。大切にしていた、写真や、愛用品があった。

     

    だから、彼、彼女のその墓場に、それを備えてあげようと思った。そして、その墓の前で皆で輪になって、歌を歌って、滞りなく、あの世に送ってあげようと思った。

     

     

    そしてそれが、とても清々しい経験となった。すると、それが慣習化するようになった。人が死んだら、『お供え物』をして、『聖歌』を歌うようになった

     

    私は、その端緒となった『最初』の『自然発生』は、とても良い事だと思う。しかし、それが慣習化し、葬式で、あくびをして、終わった後の寿司のことを考えている、事務的な人間がいることは、とても悪い事だと思う。だから私は、ある日から、冠婚葬祭の儀式を行うのをやめたのだ。

     

    イチローは、震災のときに、その復興を応援する形を取った野球界に対し、こう言った。

    『勇気を与えるとか、感動を与えるとか、よく聞くフレーズですけど、無理なんです。それは、目的にしてはいけない。』

     

    死んだ人の為に出来ることは、彼、彼女らの命を、人生を尊重することだ。それを考えて儀式に辿り着いたならいいが、『儀式をしなければならない』という事務的な考え方で、その最中に一人でもあくびをして、終わった後の寿司のことを考えている人間がいるなら、そんな儀式などやらない方が良い。

     

    よく、『身内だけでひっそりと』と言うが、あれでいいのだ。それが最善の形なのだ。その、集まった最低限の人数こそが、少数ではあっても、真の死者の理解者。そこにいる人間なら、死者を必ず尊ぶことが出来る。

     

    死者の為にやらなければならない。生者の都合の為に、死者の命を弄んではならないのだ。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    28.『真の礼儀とは。

    真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    アウグスティヌス『葬式は、死者に対する務めというよりは、生者に対する慰めである。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    アウグスティヌス関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『神は、人間をその本質が天使と獣との中間にあるものとしてお創りになられた。』

     

    『見えないものを信じるのでなければ、何が信仰であろうか。』

     

    『酒は、人を魅了する悪魔である。うまい毒薬である。心地よい罪悪である。』

     

    『世界とは一冊の本であり、旅に出ない者は同じ頁ばかり読んでいるのだ。』

     

    『神は風を備える、だが人が帆をあげなければならない。』

     

    『良心と名声はふたつの別の事柄です。良心はあなた自身に属するもので、名声はあなたの隣人に属するものなのだから。』

     

    『私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。』

     

    『あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。』

     

    『剣で人を殺すよりも、言葉で戦をつぶすほうが名誉なことである。』

     



    ↑ PAGE TOP