『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

イチロー『勇気を与えるとか、感動を与えるとか、よく聞くフレーズですけど、無理なんです。それは、目的にしてはいけない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『勇気を与えるとか、感動を与えるとか、よく聞くフレーズですけど、無理なんです。それは、目的にしてはいけない。結果としてそうなるに過ぎない。感動させようとしているプレイなんか誰も見たくありませんよ。』

 

震災のときに、その復興を応援する形を取った野球界に対し、イチローはそう言った。真っ二つに分かれることになるだろう。私は、イチロー寄りの意見だ。だが、多くの人はそうは思わない。だから多くの人が取る行動は、その方向で一致するのだ。それに、だとすると『多くの人が満たされる』わけだから、それで目的は達成されるわけだが、イチローはそうではなく、

 

『死んだ人はそれで生き返らないし、遺族はそれで勇気を貰えるとか、そういうことにはならない。』

 

と考えているのだと考えられる。私がそう考えるからだ。『そこ』から目を逸らして大々的にやれば、確かに多くの人が満たされたとしても、『人間的』には、満たされない。人間は、死んだし、人間は、野球をやらないし、人間は、空洞が空いた。一部の人が満たされればいい、という問題ではないのだ。人間としてもっと的を射たことを考えなければならない。だが、それを考えるとある結論に辿り着くことになる。

 

『だとしたら、他人が被災者に何かをしてあげることは出来ない』

 

という結論だ。しかし、『野球なら、出来る』。自分が全力でプレイして、困難な試練に果敢に挑戦していき、諦めない姿勢を見せることなら、出来る。それで結果的に、人々に勇気を与えられるなら、それでいい。だが、そこに照準を合わせて偽善っぽいことをやると、『人間』が満たされない。満たされるのは、『大人数の人々』だけだ。我々は、人間である。大人数の人々も、少人数の人々も、そして、死んだ人も全員合わせて、人間である。

 

自分が他人に出来ることは、実は何もない。葬式にも出ないし、映画も一緒に観ないし、食事も一緒に食べない。『震災だから』とかなんだかといった『一時的に高まった感情的な理由』で、何か、自分の生きる道を変えるなら、最初から人の為に尽くす奉仕活動をすればよかった。しかし、自分が選んだ道はそうじゃなかった。その道は変えることは出来ないし、変える必要もない。

 

それぞれが、それぞれに適した場所で、最善の事をする。それで結果的に、人が勇気を貰えるなら、それにこしたことはないが、中途半端な気持ちで何かに手を出せば、結果も中途半端に終わるだろう。だが、命を懸けて出来ることを見つけている人は、その目的に文字通り命を懸けて取組み、結果を出すために全身全霊を尽くす。ここには確かに、燃えあがるエネルギーがある。気持ちの部分で、被災者のことを考えながら、全く違う場所で、エネルギーを燃やす。そのことが、死んだ人や、遺族に対して、元気を失った人に対して、『飛び火』することはないだろうか。自分が出来ることの最善を尽くすのが、人間の在るべき姿ではないだろうか。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧