名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

アウグスティヌス『神は、人間をその本質が天使と獣との中間にあるものとしてお創りになられた。』

アウグスティヌス


北アフリカ哲学者 アウグスティヌス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


どちらか一方ではなく、『天使と悪魔』という両方の要素に傾く可能性がある。そういうイメージが頭をよぎるはずだが、それは本当のことだろうか。だが確かに、赤ん坊の笑顔を見ていると、天使にしか見えない。子供をさらって殺害する人間は、悪魔にしか見えない。

 

ダンテは言った。

『必ず我等は戦に勝つべきである。』

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。

 

人間には、『天使(聖性)と悪魔(魔性)』の両面が備わっているのだ。シェイクスピアに言わせてみれば、

『われわれの人生は織り糸で織られているが、良い糸も悪い糸も混じっている。』

 

ということなのである。

 

それがわかれば、冒頭に書いた二つの事例が混在している理由がわかるのだ。だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。

 

 

更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない。『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけで、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそが、この『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

ドストエフスキーは言った。

『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

 

人間はその一生で、『魔性を劣位にする闘い』をやり遂げる試練を課せられている。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

アウグスティヌス『神は、人間をその本質が天使と獣との中間にあるものとしてお創りになられた。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

アウグスティヌス関連の書籍

 

同じ人物の名言


『食べ物を選ぶように、言葉も選べ。』

 

『愛に満たされるものは神ご自身に満たされる。』

 

『見えないものを信じるのでなければ、何が信仰であろうか。』

 

『酒は、人を魅了する悪魔である。うまい毒薬である。心地よい罪悪である。』

 

『世界とは一冊の本であり、旅に出ない者は同じ頁ばかり読んでいるのだ。』

 

『神は風を備える、だが人が帆をあげなければならない。』

 

『良心と名声はふたつの別の事柄です。良心はあなた自身に属するもので、名声はあなたの隣人に属するものなのだから。』

 

『私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。』

 

『あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。』

 

『剣で人を殺すよりも、言葉で戦をつぶすほうが名誉なことである。』

 



↑ PAGE TOP