名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

法然『栄あるものも久しからず、いのちあるものもまた愁いあり。』

法然


日本 法然画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『久しからず』というのは、長くは続かないという意味。『愁い』というのは、心配事や悩みという意味。

 

つまり、今、栄えている人や企業は、その先もずっと栄え続ける保証はない。人の命も同じだ。未来永劫のものではない。いずれは必ず朽ち果てるものである。

 

日蓮もこうっているが、

『まず臨終のことを習うて、のちに他事を習うべし。』

 

まず、何より彼らの絶対的祖、

 

ブッダが言っているのだ。

ブッダ

『諸行無常(しょぎょうむじょう)。それすなわち、全ては流動変化していることを知る悟り。』(超訳)

 

時間は流れ、宇宙はうごめき、命の火は消え、物質は分かれる。

 

風は吹き荒れ、大地は鳴り響き、海は揺らいで、炎は燃え盛る。

 

我々の命も、その他の一切の森羅万象同様、流動変化していくものなのである。最初からそうなっているのである。

 

だとすると、『固執』し、『執着』することは愚かな人間の姿だ。辺りを見回して、愚かな人間ではない存在は、どれだけいるだろうか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

 

法然『栄あるものも久しからず、いのちあるものもまた愁いあり。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

法然関連の書籍

 

同じ人物の名言


『一丈の堀を越えんと思わん人は、一丈五尺を越えんと励むべし。』

 

『智者の振る舞いせずして、ただ一向に念仏すべし。』

 

『身は卑しく保ち、心は高く持つべし。』

 



↑ PAGE TOP