名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

正岡子規『良句もできるが、駄句もできる。しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、とてものこと、一流の作者にはなれない。』

正岡子規


日本俳人 正岡子規画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私の部下に、同じ過ちを何度も繰り返す人間がいる。『何度も』だ。この言葉は、2,3度のケースで使う言葉ではない。100、いや、300を超えるものもある。『異常』なのだ。どちらにせよ、『正常』ではない。

 

エアコンの掃除で考えてみる。

 

人間一人一人は、『エアコン』である。そこからどういう送風をするかで、自分も含めた周囲の人間の環境への印象は変わる。清々しい送風をするのであれば、そこにいる人々は皆、笑顔に包まれる。

 

だが、もしこの送風に『20年掃除をしていないが故に放たれている異臭』が混じっていたならば、そこにいる人々は、どういう気持ちになるだろうか。

 

 

彼は言った。『僕は、自分の汚れを見たくないんです。』

 

つまり、内省どころか、反省もしない。だからその異常な数の同じ過ちを犯し続けていたのだ。私は基本、温厚極まりない性格で、ほとんどの初見の人が、『おとなしくて物腰やわらかい人』と捉えると言っていいほど、それに徹しているが、『メリハリ』が効いていて、もし私が本気を出したら、『スパルタ』の英雄たちにも負けず劣らずの鬼に豹変し、しかもそれを別に『鬼』だと思わない。

 

 

その強度での教育を『7年』やって、今は、大分かつてよりはマシになった。しかし、異常は異常だ。それに対する教育も、異常でなければならない。どちらにせよ、『普通』と言われることをやっていたからこそ、彼の様な人格が出来上がったのだから。

 

彼は6年半という時間をかけて、ようやく自分の心と向き合う『内省』を始めるようになった。もちろん、私はもう初月からそれをするよう指導していたのだ。『普通』のやり方で。だが、やらなかった。そして時間だけがいたずらに過ぎていったのである。

 

内省では確かに、『エアコンの汚れ』を見ることになるだろう。異臭もするし、手に汚れも付く。だが、それで掃除をして喜ぶのは、本人だけではないのだ。そのことについて、じっくりと考えなければならない。そう考える時間も、内省の時間の一つなのだ。

 

ネルソン・マンデラはこう言い、
『生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。』

三浦綾子はこう言い、 
『つまずくのは、恥ずかしいことじゃない。立ち上がらないことが、恥ずかしい。』

そしてリンカーンもこう言った。
『あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ。』

 

たった一度の人生を、悔いの無いように生きたい。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

正岡子規『良句もできるが、駄句もできる。しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、とてものこと、一流の作者にはなれない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『黙ってこらえているのが一番苦しい。盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと少し苦痛が減ずる。』

 

『人の希望は、初め漠然として大きく、後、ようやく小さく確実になるならびなり。』

 

『禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。』

 

『病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。』

 

『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。』

 

『たとえ、漢語で詩をつくるとも、西洋語で詩をつくるとも、はたまたサンスクリット語でつくるとも、日本人が作った以上は、日本の文学であることに間違いない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP