名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ソロモン『人の本当の値打ちは、宝石でもなければ、黄金でもない。地位でもなければ、名誉でもない。ただ信念に尽きる。』

ソロモン


古代イスラエル国王 ソロモン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人の価値が、金や地位で決まるというのなら、金も地位も手に入れることなく、戦場で命を賭して友を守った兵士の命は、軽々しいものになる。

 

 

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットは言った。

『幸せと金は別物である。』

 

自分の命は有限であり、過去、未来永劫において唯一無二である。ダイヤモンドだろうが、金環日食だろうが、地殻変動だろうが、関係ない。その、奇跡の唯一無二というアウラと比べた時、そんなものは到底太刀打ちが出来るわけがないのだ。

 

ブッダは言った。

ブッダ

 

『天上天下唯我独尊』だと。

 

それは、この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし、という意味なのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ソロモン『人の本当の値打ちは、宝石でもなければ、黄金でもない。地位でもなければ、名誉でもない。ただ信念に尽きる。』


スポンサーリンク

 

同じ人物の名言


『陽気な心は薬のように人のためになる。』

 

『この世で最も醜いものは、『誠実』が『不誠実』に変わること』

 

『愉快な心は、薬のようなよい働きをするが、悲嘆に沈んだ精神は、精神を枯渇させてしまう』

 

『この世で最も美しいのは、罪を犯したものがそれを悔いること』

 




↑ PAGE TOP