目次

ソロモン『この世で最も美しいのは、罪を犯した者がそれを悔いること。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『美しさ』というのを判断する為に必要なのは、『底上げ』と『底下げ』の二つのキーワードである。

 

ブッダはこう言っている。

ブッダ

 

ソクラテスならこうだ。

ソクラテス

 

つまり、元々の『美の基準』というものが何となくあって、人や景色や概念が、それに近づけば近づくほど、『美しい』と感じるようになる。そこにあるのは『底上げ』だ。それらの対象が、その基準に引き上げられたことにより、美的センサーが反応したのだ。『美しい』と。そしてもう一つはブッダやソクラテスの言う『底下げ』だ。その『基準値』が引き下げられれば、目の前の水や人間の姿が、美しく見えるのである。

 

例えば、都会で水たまりや川などが目に入っても、単なる『日常の光景』として捉えて受け流し、あるいは(汚いなあ)と思うこともあるだろう。だが、それを砂漠で見たならどうだ。

 

 

涙を流して喜び、水の美しさに心を奪われるだろう。では、ソロモンの言う『この世で最も美しいもの』が、『罪を犯した者がそれを悔いること』とは、どういう意味だろうか。その二つのキーワードを軸に考えていけばいい。人間というものは、その存在自体が、罪深いのである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

同じ人物の名言一覧

ソロモンの名言・格言一覧