名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその株式を所有することにする。』

 

まさに、渋沢栄一の著書、『論語と算盤』にはこうある。

 

───▼

 

(かの孔子孟子の教えを、孔孟教というが、これは『儒教』のことである。 儒教は別名『孔孟教』、つまり『孔子と孟子の教え』だ。)

 

その孔孟教の誤り伝えたる結果は、『利用厚生に従事する実業家の精神をしてほとんど総てを利己主義たらしめ、その念頭に仁義もなければ道徳もなく、甚だしきに至っては法網を潜られるだけ潜っても金儲けをしたいの一方にさせてしまった。

 

従って、 今日のいわゆる実業家の多くは、自分さえ儲ければ他人や世間はどうあろうと構わないという腹で、もし社会的及び法律的の制裁が絶無としたならば、かれらは強奪すらし兼ねぬという情けない状態に 陥っている。

 

(中略)

 

義利合一の信念を確立するように勉めなくてはならぬ。富みながらかつ仁義を行い得る例は沢山にある。義利合一に対する疑念は今日直ちに根本から一掃せねばならぬ。

 

───▲

 

孔子(論語)も教えた『義利合一』。 利益だけに目が眩むような、拝金的な生き方は恥そのもの。いや、そういう精神論的な話だけではなく、実際に『恥をかく』ことになるのが相場なのだ。『膨張』と『成長』は違うのである。

 

膨張して膨らんだバブルが弾けてた後にかけられるのは『情け』であり、向けられる目は『軽蔑』だ。それが『恥』でなければ、なんであるというのか。

 

だとしたら歩くべき道は『義』だ。仁義、道義、正義、『金』に支配されている人間は、その道を見出すことは出来ない。それが出来るのは、『なぜ金が存在しているのか』という根幹に目を向けた人間だけである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

渋沢栄一『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

 

『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

 

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

 

『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

 

『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

 

『個人の富はすなわち国家の富である。』

 

『『智』、『情』、『意』の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。』

 

『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

 

『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

 

『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

 

『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

 



↑ PAGE TOP