名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

手塚治虫『今世紀の芸術作品といわれるものは、たいてい圧政や迫害の中から、レジスタンスとして生まれてくる。』

手塚治虫


日本漫画家 手塚治虫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『レジスタンス』とは、反抗とか、抵抗という意味で、革命軍とか、抵抗軍というときにも使われたりすることがある。

 

私がこれをピックアップしたのは、この言葉が、非常に重要なカギを握っている可能性があると睨んだからである。

 

 

私はかれこれ、4年間に渡って、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

そして世の偉人たちの言葉と向き合って内省して来た。

偉人

 

全てが終わった頃、もう一度改めてまとめるつもりだが、彼らに共通しているものの印象としてすぐに挙げられるのは、『強いられていた』ということなのである。

 

何らかの形で、強いられていた。圧がかかっていた。やらなければならなかった。こういう事情が、大体の偉人の人生に共通している環境なのである。

 

例えば、ココ・シャネルは12歳の時に母親が死に、そのすぐ後に父親に捨てられて、孤児院で暮らすことになった。ナポレオンは、癲癇持ちだった。

 

徳川家康は、3歳にして母と別れ、6歳にして人質に出され、自分の実の娘と妻を殺害せざるを得ない苦難を強いられた。

 

等々、枚挙に暇がないのだ。また、『強いられていた』のとはちょっと違う場合においても、例えば、岡本太郎の父親、岡本一平は、

『仲間や同僚をライバルにするな。ライバルはお釈迦様か、キリスト様にしろ。』

 

こんな面白い言葉を言っていたり、イチローは、小学生の時からメジャーリーグへ行く道を固く決断していたように、たとえ『無理矢理、強制的』でなくても、そこに常に『空白』を覚えていたのだ。

 

図で考えれば一発だ。

 

 

彼らは常に、『左のメーター』と右である現在の自分の『差、空白』を突きつけられていた。従って、そこに『エネルギー源』が捻出された。

 

(やってやる!)(やらなきゃ!)

 

そう思っていた彼らが出した結果は、周知のとおりだ。そして、のほほんと自堕落に生きる人間が出せる結果も、周知のとおりだ。

 

では、手塚治虫のこの言葉の意味をもう一度考えてみる。すると、私が突き止めたこの話と、本当に無関係なのかどうか、首をかしげる。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

手塚治虫『今世紀の芸術作品といわれるものは、たいてい圧政や迫害の中から、レジスタンスとして生まれてくる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『30分も眠るとつらくなるから、10分で起こしてください。』

 

『やたらに人の首が飛んだり、手がとんだり、血が流れたり、そういったものを果たして、子供に見せるべきなのか。私は絶対反対なんです。』

 

『ぼくのマンガというのは教科書なんですよ。教科書というのは、読んでワクワクするほど面白いもんじゃないし、面白すぎても困るわけ。』

 

『親の暴力が一概に悪いとは決して言わないが、子供が納得する暴力でなければならない。子供が親の予想以上に高い判断力を持っている事を、まずは理解しなくてはいけない。』

 

『医学の「進歩」も、自然破壊の一種かもしれない。』

 

『生活とか生存に困難な場所に生きる生物ほど、生活力・繁殖力への渇望が強くなる。人類の存亡が問われるような時、大変な数の人間が、超能力を発揮できるんじゃないか。』

 

『円周率とか1、2、3、というのは、地球だけの真理であって、宇宙にはそれとは違う、まるっきり想像を絶した、知識の体系があるかもしれない。』

 

『人間は、果てしなく賢明で、底しれず愚かだ。』

 

『人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬ時にそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。』

 

『合理化はゆとりや遊びの空間を消して、むしろ人を遠ざけることになります。』

 

『今日素晴らしいアイデアを思いついた!トイレのピエタというのはどうだろう。』

 



↑ PAGE TOP