名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トルストイ『幸福な家庭の顔はお互い似かよっているが、不幸な家庭の顔はどれもこれも違っている。』

トルストイ


ロシア作家 トルストイ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


アリストテレスは言った。

『失敗にはいろいろな道が考えられるが…成功にはひとつの道しかない。』

 

人間は、やらない理由と自己弁護の言い訳を考えさせたら、無限の可能性を見出す生き物である。

 

例えば、以前私と一緒に共同経営をしようとしていた人間がいたが、その人物は、私が録画していた『カンブリア宮殿』を視聴していると、まさか私がこれ見よがしに、その番組を観ていることをひけらかしていたと思い込んだわけではないはずだが、

『こういうのを観ている奴って、大体結果出してないよね。』

 

と言った。

 

また違うシーンでは、私の本棚に並んだ100冊程度の本を見て、まさか自分は本を一冊も持っていないわけではないはずだが、

『本読む奴って、大体結果出してないよね。』

 

カメラ

 

と言った。そしてその人物は、まさか私の会社を乗っ取ろうとしていたわけではないはずだが、それが出来ないことを悟ると、私のわずかな資産を横領し、さっさと逃げてしまった。

 

これを読んだあなたは、まさか彼が幸福な人間だと思っているわけではないはずだが、どうだろうか。『確かな一歩』を馬鹿にする人間は、『大体結果を出していない』。

 

ちなみに彼が言う『結果』が『地位、名誉、財産』だというのであれば、不正をしてそれを手に入れた暴君や、法律を無視した理不尽な生き方をしている裏社会の人間は、その『結果』を出したことになる。

 

それが『結果を出した人間』だと評価したいなら、もともと彼の意見など、あまり参考にはならないようだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

トルストイ『幸福な家庭の顔はお互い似かよっているが、不幸な家庭の顔はどれもこれも違っている。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『慈善は、それが犠牲である場合のみ慈善である。』

 

『人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである。』

 

『悔恨がないのは、前進がないからである。』

 

『謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。』

 

『わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。』

 

『強い人々は、いつも気取らない。』

 

『孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。』

 

『愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです。』

 

『自分をその人より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。また、その人を自分より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。そうした時、人と生きるのがたやすくなる。』

 

『もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。』

 

『額に汗して営々と働かなければ、健康な肉体はあり得ない。また健康な思想も頭脳に沸き得ない。』

 

『人間の真価は分数のようなものだ。分母は自己の評価、分子は他人による評価である。分母が大きくなるほど、結局、真価は小さくなる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP