『ヒト』を最適化しよう。

トルストイ『謙遜というものは自分を罪深き人間と認めて、自分の善事善行を自分の徳に帰せしめないことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『帰せしめる』というのは、うまく立ち回って自分のものにする、とか、そういう意味だから、自分がやった善行を、自分の手柄として振る舞い、それを自分のものにして、誇示主張したり、自己満足して悦に入ることがあるのであれば、そこにあるのは謙遜ではない。ということになる。

 

確かに、文字にしてそう考えてみれば、そういう人のどこが謙遜な人なのか、ということになるわけだから、その通りだ。自分を『罪深き人間』と認めるわけだから、例えばキリスト教の7つの大罪で考えても、

 

  1. 傲慢
  2. 強欲
  3. 暴食
  4. 色欲
  5. 怠惰
  6. 嫉妬
  7. 憤怒

 

これらの感情に自らを支配されているようでは、そこにいるのは罪深い人間であることを真正面から受け止めた人間ではないわけだ。その逆で、それらの負の感情に自らを支配されまいとする人間こそが、主体的であり、『罪が何であるか』について自覚し、真に謙遜な態度をとることが出来るのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

トルストイの名言・格言一覧