名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

陶侃『いつまた都に呼び戻されるかもしれない。その日に備えて鍛錬しているのだ。』

陶侃


中国軍師 陶侃


取締役になれる人、部課長で終わる人』には、こう書いてある。

 

───▼

 

中国、東晋時代に陶侃という名将がいた。反乱の鎮圧に功績があったが、それを実力者に疎まれ、都から遠く離れた南の果て、広州の長官に左遷されてしまった。

 

すると陶侃は、朝に100枚のレンガを室内から運び出し、夕方にまた室内に運び入れるという作業を自分の日課とした。

 

『どうしてそんな無駄なことをするのか』

 

と理由を尋ねられた陶侃は答えた。

『いつまた都に呼び戻されるかもしれない。その日に備えて鍛錬しているのだ。』

 

鍛錬

 

自分が求められる時になったら、すぐに対応できるように備えているというのである。そんな努力を積んだ陶侃は、はたして都に呼び戻されて要職を歴任した。

 

───▲

 

世の中というものは、実に愚かな世界である。なぜならここでいう『世の中』というものは、往々にして『人間が作り出す世界(常識・認識)』のことを指し示すからである。

 

人間は恒久的に未熟な存在だ。だから出る杭は打たれる。それは、今も昔もこれからも、変わることのない愚かな人間の常識である。

 

『偉大であるということは誤解されるということだ。』byエマーソン

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood....

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

だが、野球界の打撃の神様と言われた、川上哲治は言っている。

『企業に勤めると、冷や飯を食わされる時もある。その時にグチをこぼしたり、腐ったりして、仕事をろくにしない人が多い。成功する人とは、この冷や飯を上手に食べた人であるといってよい。』

 

この世は最初からそうなっている、と考え、そんな『冷や飯』を出されても決して命の灯は腐らない。『成功者』などという概念があるとしたらそれは、そういう人にこそ、値する。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

33.『前進あるのみ。それ以外は後退だ。

停滞は後退。人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。


>>続きを見る

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

陶侃『いつまた都に呼び戻されるかもしれない。その日に備えて鍛錬しているのだ。』



↑ PAGE TOP