名言を自分のものにする

広告

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


まさしく渋沢栄一は、『論語と算盤』という本を書いている。この本で私は、私にとって極めて重要な叡智の一つを得た。

 

孔子は言う。

孔子

『膨張と成長は違う。だが、それでも膨張を目指してしまう人間は絶えないだろう。』(超訳)

 

これは超訳だが、孔子は同じことを言っている。『義』を軽んじて、『利』にそれを傾けることは、自ら破滅と、淘汰を呼び込む行為に等しい。

 

義利合一』を守れない人や企業は、必ず淘汰される。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    渋沢栄一の言葉を自分のものにする



    私が得た叡智は、『義利合一』の概念である。私はかつて、『義』だけで人が生きていけない理由がわからなかった。極めて幼少時代だ。その疑問が頭をよぎったのは車中。そこにいたメンバーにその質問を投げかけ、

    『何言ってんだよ。金が無きゃダメに決まってんじゃん。』

     

    と言った、一つ年上の従兄弟のことは全然いい。何しろ彼もまだ子供である。但し、その車を運転している祖母が取った『無視』という行動は、いささか、教育上良くない。

     

    念のため言っておくが、その10数年後に改めて聞いても祖母はほぼ無回答に等しい回答しかしなかった故、その時が、『子供相手だから』という理由で無視をしたわけではないことが確定している。

     

    その幼少時代から数年後、私は逆に、『拝金者』になっていた。大検の試験に落ち、しかし40万の追試料金を払い、すると同じ問題を受けることが出来、大検に合格することが出来たのだ。当時、対して勉強にやる気を出せなかった私は、この一連の経験に妙な違和感を覚えた。

     

    あるいは、当時目指していた弁護士になる為、 大学、大学院に行くとなると親に金を借りることになるわけで、『宗教を強要する親』にこれ以上借りを作りたくなかったこともあった。私は、

    (結局、金か。それが自由な人生の、カギか。)

     

     

    私はそう考えて、そして拝金的になったのだ。

     

    しかししばらくすると、その拝金的な人生にも『歪み』が起きるようになった。どうも、そういう生き方をするときに『周りにいる人間』や環境に、これまた『違和感』があったのだ。だが、なまじ金があるから、それでその違和感を隠蔽し、来る日も来る日も、倫理を問わずに拝金的な人生をひた走った。

     

    だが、やはり人生を前に進めれば進めるほど、その『違和感』が増幅して、見て見ぬフリをすることが出来なくなったのだ。

     

    そんな時、渋沢栄一の『論語と算盤』を読み、孔子と孟子の教え、『義利合一』の概念を知った。私は感銘を受けた。

    (義を追いながら、利も追っていいんだ。)

     

    そう、納得したものである。

     

    私はまだまだ青い故、これ以上話せることは無いが、今後、この概念に出会ったこと、そしてそれに至る過程を、私は一生忘れることはないだろう。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

    『義利合一』。それが答えだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    渋沢栄一『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    渋沢栄一関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

     

    『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

     

    『個人の富はすなわち国家の富である。』

     

    『『智』、『情』、『意』の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。』

     

    『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

     

    『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。』

     

    『たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。』

     

    『人生の行路は様々で、時に善人が悪人に負けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。』

     

    『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

     

    『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

     

    『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP