名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

吉田松陰『どんな小さなことでも正しいか正しくないか、よいか悪いかという点において信念を失わないという頑固者でなければ、何をさせてもちょっとしたことしかできず、しっかりとしたことを行うことはできない。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


芥川龍之介は言った。

『人生を幸福にするためには、日常の些事を愛さなければならぬ。』

 

そこに書いたが、かつてのPRESIDENTに、部分の最適化は、全体の最適化であると、誰かの言葉で書いてあった。極めて重要なテーマだ。

 

世界の黒澤明は、

『些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しに全てが壊れてしまう。』

 

と言って、例えば、作中で読まれることのない、封筒の中の手紙までスタッフに作り込ませた。

 

 

しかし、黒澤明はこう言うのだ。

『私はまだ、映画がよくわかっていない』

 

この細部へのこだわりが理解できるかどうかだ。命は、細部にこそ宿るのである。

 

あの日本航空(JAL)が破綻したとき、現代の経営の神、稲盛和夫は、その再建を買って出た。稲盛は、傲慢不遜に腐敗しきったJALの幹部を筆頭とした、社員一人一人に魂を吹き込み、そして企業は息を吹き返した。『アメーバ経営』、そして『稲盛フィロソフィ』である。

 

『アメーバ経営』とは、まさにこのこと。大企業の圧倒的な規模に生まれる隙を無くすために、部署ごとの『細部』を、企業を構成する『一つの細胞』だと考えて、その細胞に、主体性を与えて、管理させる。これによって、細部が活性化され、結果として全体の息が吹きかえった。これが、日本航空再建で行われた、真実なのである。

 

『1円を笑う者は1円に泣く』と言うが、『細部を軽んじる者は大局を見誤る』のである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

吉田松陰『どんな小さなことでも正しいか正しくないか、よいか悪いかという点において信念を失わないという頑固者でなければ、何をさせてもちょっとしたことしかできず、しっかりとしたことを行うことはできない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

 

『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

 

『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』

 

『憂えたり、楽しんだり、気分の変化の原因は自分にあるのであって、物にあるのではない。』

 

『聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。』

 

『自分一身に降りかかる労苦を何とも思わないような人でなければ、どうして天下国家の人々を幸せにすることができようか。』

 

『人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとするべきである。』

 

『立派な人が大事にするのは、議論ではなく行動である。多言を費やすことなく、人としての誠をしっかり蓄えなさい。』

 

『世間が褒めたりけなしたりすることは大抵、その実態と違うものである。』

 

『勉強しない人の気持ちには3つある。』

 

『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

 

『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

 

『仁人は天下に敵なし。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP