名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > >   >

 

ショーペン・ハウエル『富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる。』

ショーペン・ハウエル


ドイツ哲学者 ショーペン・ハウエル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、ニーチェフロイトアインシュタインユングトルストイ、等、様々な偉人に影響を与えたショーペン・ハウエルのこの言葉。

 

以前ブッダの言葉として私は、

確かに求めれば解放される。だが、求めるものを間違えるな。

 

このショーペン・ハウエルの言葉に深く関係する記事を書いた。あるいは、

勝ってなお渇くばかりだ!

 

にも書いた。また、出所は忘れてしまったが、恐らく『論語』に関する文献にて、かつて私は、

『戦わずして勝つ。というのが、叡智ある孫子の兵法としてまかり通っているが、実際は違う。戦わずして負けないことが重要なのだ。』

 

という記述をこの目で見た。そして、その言い分の信憑性は極めて真理に近いものであると判断し、あれから数年経った今でも、その考え方は変わっていない。

 

『勝つ』と『負けない』とでは意味が全く違うのだ。前者にはまだ人間としての生々しさがあるが、後者は人間とその他の存在とを分け隔てなく認識している。

 

立ち向かう

 

ショーペン・ハウエルのこの言葉は人間にとって極めて重要だ。まず最初に思い浮かぶような『拝金的な人生への戒め』はもちろん、実に思慮深く人間を、この世を洞察していることが伺える言葉である。

 

だからあえてここで書くのを止めよう。それぐらい重要だからだ。下記に記載した黄金律と一緒に考えることで、更にこの言葉を自分のモノにできるだろう。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

ショーペン・ハウエル『富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する。』

 

『強い人間は自分の運命を嘆かない。』

 

『人間の幸福の二つの敵は苦痛と退屈である。』

 

『孤独は優れた精神の持ち主の運命である。』

 

『宗教は蛍のようなもので、光るためには暗闇を必要とする。』

 

『多く笑う者は幸福にして、多く泣くものは不幸である。』

 

『礼儀正しさが人の本性に訴えかける働きは、熱がロウに伝える働きのごとし。』

 

『船荷のない船は不安定でまっすぐ進まない。一定量の心配や苦痛、苦労は、いつも、だれにも必要である。』

 

『誰もが自分自身の視野の限界を世界の限界だと思い込んでいる。』

 

『我々は、他の人たちと同じようになろうとして、自分自身の4分の3を喪失してしまう。』

 



↑ PAGE TOP