名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

徳川家康『放っておけ。それより書いてある内容が見たい。予のためになるものもあるだろう。』

徳川家康


日本武将 徳川家康画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『クレームは宝だ。』

 

そう言う事が出来る企業は強いと言われている。

 

確かにズバリと言われるその指摘は的を射ていて、受け止める為には受け取り側に、ある程度の器が無ければならない。だが、よく考えるとその指摘は、この世のどこの本屋を探しても、どんなメンターや師匠に意見を聞いても出てこない、その企業だけへ向けた、厳選された指摘なのだ。

 

『カスタマイズ助言』である。『台本(マニュアル)助言』ではないのだ。処方薬である。市販薬ではないのだ。

 

 

それよりも効く薬はないのである。

 

例えば、徹底したサービスに定評のある星野リゾートは『ミス撲滅運動』で社員のミスを共有し、二度と同じミスを本人はもちろん、違う社員もしないようにする。この発想が出来るかどうかだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

徳川家康『放っておけ。それより書いてある内容が見たい。予のためになるものもあるだろう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。』

 

『はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。』

 

『一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。』

 

『諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ。』

 

『多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。』

 

『決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。』

 

『天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。』

 

『重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。』

 

『最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。』

 

『敵だというのも自制心を忘れた怒りである。』

 

『真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。』

 



↑ PAGE TOP