名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

勝海舟『およそ世の中に、歴史というものほどむずかしいことはない。』

勝海舟


日本政治家 勝海舟画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『およそ世の中に、歴史というものほどむずかしいことはない。元来、人間の知恵は未来のことまで見通すことができないから、過去のことを書いた歴史というものに鑑みて将来をも推測しようというのだが、しかるところ、この肝心の歴史が容易に信用せられないとは、実に困った次第ではないか。』

 

歴史

 

未来が見えないから、過去を紐解こうとする。過去は見えるからだ。歴史が残っている。だが、本当に『見えている』なら、勝海舟や、フランス小説家プレヴォはこう言わなかった。

『宗教は大きな河に似ている。源泉から遠ざかるにつれて、絶え間なく汚染している。』

 

ソクラテスの非宗教化、

ソクラテス

ブッダの神格化、

ブッダ

キリストの再誕、

キリスト

 

なるほど。勝海舟の言う通りだ。これらの歴史の解明ほどむずかしいことはない、ということは、周りをぐるりと見渡すだけで理解するはずだ。

 

更にこの話を掘り下げる場合は、以下の記事を見るといいだろう。

 

『嘘を少しも含まない歴史書は、すこぶる退屈である。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

勝海舟『およそ世の中に、歴史というものほどむずかしいことはない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言



『大事業をし遂げるくらいの人は、かえって世間から悪く言われるものさ。おれなども、一時は大悪人とか大奸物とかいわれたっけ。』

 

『何でも大胆にかからねばならぬ。難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずにいわゆる無我の境に入って断行するに限る。』

 

『世の中に無神経ほど強いものはない。』

 

『大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。』

 

『世の中は平穏無事ばかりではいけない。少しは不平とか不満とか、騒ぐもののあるほうがよい。』

 

『急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。』

 

『おこないはおれのもの、批判は他人のもの、おれの知ったことじゃない。』

 

『成すなかれ、天意に違うことを。』

 

『事を遂げるものは、愚直でなければ。』

 

『一時の感情に制せられず、冷ややかな頭をもって国家の利害を考え、群議を排して自分の信ずるところを行うというには、必ず胸中に余裕がなくてはできないものだ。』

 



↑ PAGE TOP