名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武田信玄『大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。』

武田信玄


日本武将 武田信玄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


上司をする、しかもそれが長官、大将、今でいえば社長ということになると、ついつい部下に対し、傲慢な態度を取ってしまうものである。

 

 

何しろ、権力を手に入れたのだ。その権力というものが厄介で、自分の思い通りにしようと思えば、一時、それがまかり通ってしまう。

 

最近でも巨大企業の社長が、その『権力』に支配されていたことがリーク(内部告発)によって発覚した。大事にならないところでも、それはたくさん行われているだろう。

 

そういう人物はかつて、『何かを強いられた』経験がある、あるいは、『強いられたと思ってやってきた』ことが多い。つまり、コンプレックスだ。

 

それをバネにして努力してきたのはいいが、あまりにもその『見返してやる精神』が強まって、暴走してしまい、特権の乱用という越権行為に走るのだ。かくいう私もその『反骨精神』の塊のような人間だから、厳しい目で留意していく必要があるテーマである。

 

重要なのはその『留意、注意、前始末』。後始末では遅い。それを待つは人の上に立つ人間が構える心の在り方ではない。見るべきなのは以下の黄金律である。

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。

 

前始末だ。いや、『底始末』だ。となると見るべきなのは以下の黄金律である。

 

底始末

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。

 

『上に立つ』という事の意味を援用してはならない。ほぼ、自分が『神』になったのと同じ理解が必要だ。そして当然、『神』というのは越権行為を働く存在ではない。

 

一切の森羅万象を、公明正大に評価する存在だ。それには当然、自分も、その家族も身内もすべて例外ではない。

 

家臣に慈悲深くあることは常として求められるが、だからといって何もかも許すということにはならない。いや、『赦す(愛する)』ことはする。だが、『許す(認める)』ことはしてはならないのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

武田信玄『大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

 

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。』

 

『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

 

『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

『一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。』

 

『自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。』

 

『我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。』

 

『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』

 

『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

 



↑ PAGE TOP