名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武田信玄『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

武田信玄


日本武将 武田信玄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


パブロ・ピカソは言った。

『できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。』

 

やろうと思えばできる。やろうと思わなければ出来ない。

 

例えば私は、ダイエットと肉体改造、及び体質改善を成功させた。やる前は、周囲から(どうせ無理だ)という冷ややかな待遇、あるいは無関心で無責任な対応を取られ、完全なるアウェイの状況だった。

 

しかし私はやった。(どうせ無理だ)となぜか決めつけた『友人』に対する、挑戦状でもあったのだ。

 

(お前は、何だ?友人とは、何だ?)

 

挑戦状

 

私の挑戦には、こういうメタメッセージが込められていたのである。

 

 

日本の空手家、角田信明も同じように肉体改造を成し遂げた人間の一人だ。彼の10代の頃の写真を見ると、いかにも貧弱で、弱々しい身体をしている。だがやってのけたのだ。私の肉体よりも遥かに強靭なそれを手に入れた。

 

 

(出来るに決まってるだろう!)

 

そう言い聞かせるアファメーション(自己効力感)が無くて、どうして我々はそれを成し遂げられただろうか。否定的な周りの意見など気にするものではない。

 

ドリームキラー』とは、限界値を洗脳させて決めつけ、足を引っ張る人の事を指す。例えば親が、『あなたにはこれは無理だからやめておきなさい』などと言うことがあるが、あれもそのドリームキラーだ。

 

悪気の有無に関係なく、この世にはこの『ドリームキラー』が溢れている。 出来ない、と、勝手に決めるな。

 

ナポレオンは言った。

『状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ。』

 

立ち向かう

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

 

武田信玄『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

 

『100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。』

 

『大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。』

 

『一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。』

 

『自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。』

 

『我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。』

 

『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』

 

『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

 



↑ PAGE TOP