名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ヴォーヴナルグ『本当に自信のある人間は泰然として、人が彼をどのように評価するか、などということにはあまり気をとられないものである。』

ヴォーヴナルグ


フランスモラリスト ヴォーヴナルグ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ヴォルテール と同じ時代を生きたヴォーヴナルグ。彼もまた、生きている間に正当な評価を受けることは無かった。人生が短すぎたのも原因の一つかもしれない。彼は、31歳の頃、つまり今これを書く私とほぼ同年代の頃にこの世を去ったのである。ラ・ロシュフーコーパスカルジャン・ド・ラ・ブリュイエールを愛読し、ルソーに影響を与えた。

 

泰然というのは、落ち着いていて、物事に驚かないさま、のことを言う。人々の評価を気にしていたら、およそ泰然とすることなど出来ないのである。

 

よく、『クールだね』とか、『年の割に落ち着いているね』とか、これに近い部分を突く言葉を聞くことがあるが、彼らは皆、本当はこう言いたいのだ。

 

『泰然としている。なぜ泰然としているのか。なぜ泰然と出来るのだろうか。 自分に出来るだろうか。周りはやっていない。他の人と違うな。それだけの密度の濃い人生を生きてきたのだろうか。

 

気になるな。 うらやましいな。 魅力的だな。あるいは、妬ましいな。 自分も泰然とできたらな。』

 

そう。 そもそも人の態度、立居振舞に気を取られているような人は、自分に自信がないのである。

 

軟弱な足裏』なのだ。楽な道を歩いた人間には、自信(誇り)などないだろう。誇りを持つ人とは、その逆の道を歩いた人間のことだ。

 

泰然としている人は、自分が決めて、歩いてきた茨の道でとっくのとうに足の裏がズタズタになり、それで鍛えられ、既にカチカチで不動の足裏を手に入れた人間。そりゃあ、何を踏んづけても動じないに決まっているのだ。

 

足裏

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ヴォーヴナルグ『本当に自信のある人間は泰然として、人が彼をどのように評価するか、などということにはあまり気をとられないものである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『偉人たちが偉大なことを企てるのは、彼らが偉大だからである。しかるに、馬鹿者たちが偉大なことを企てるのは、それを容易だと思い込むからである。』

 

『格言は、哲学者たちの機知のほとばしりである。証明のいる箴言は、表現の下手な箴言である。箴言は書き手の心を暴露する。』

 

『革新するのがあまりにも難しい場合、革新が必要ないという証拠である。』

 

『ヒロイズムは虚栄と相いれない。また、ヒロイズムと虚栄は同じ原因と結果を持たない。虚栄が大きければ、それだけ栄光から与えられる愛は小さい。』

 

『うそつきは、あざむく術を知らない人である。へつらう人間は、愚かな人々のみをあざむく人である。』

 

『平等は自然の法則ではない。自然はなにひとつ平等なものをつくってはいない。自然の法則は服従と隷属である。』

 

『浪費とは、貧者が物惜しみしないことを言う。』

 

『哲学とは、ある種の人々が大衆を馬鹿にするために装う古い流行である。』

 

『我々に「人から尊敬される価値がある」という自信がもっとあったなら、人々の尊敬を得ようという野心をそんなに持たないだろう。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP