名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

キケロ『始まりは、どんなものでも小さい。』

キケロ


共和政ローマ哲学者 キケロ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察

 

『だから今日の一歩を頑張ろう』と捉えることもできるし、『だからこそ細部の手を抜くな』と捉えることもできる。また、

 

『そんな細かいこといちいちやらなくていいんだよ』

 

と適当になる人間よりも、『前始末』型の人間が高く評価されることになる。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。

 

『始まりはどんなものでも小さいんだ。だからこういう目に見えない部分の最適化の努力が必要なんだ。いや、重要なんだ。』

 

として、前始末する人間が高く評価されることになる。


アリストテレスは言う。

『革命は些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。』

 

これがまさにキケロの言葉と同じ的を射ている。これはつまり二つの意味があって、『些細なことを馬鹿にすると、後で痛い目に遭う』 という割れ窓理論』について考えられるということと、下記の様なイメージで、

 

 

少しずつ積み上げていくことが、いずれ大きな力になるという、『塵も積もれば山となる』という教訓について教えられる言葉である。

 

アメリカ合衆国建国の父、ベンジャミン・フランクリンは言う。

『今日という一日は明日という二日分の値打ちを持っている。』

 

どちらにせよ『今日』を軽んじてはならない。

 

また、これは余談だが、ある不良グループが逮捕沙汰になるまでの喧嘩をした。逮捕された多くの人間が鑑別所や少年院に行くことになり、警察ややくざのような人間まで動いて、なかなか大きな騒ぎとなった。

 

逮捕沙汰

 

しかし、この喧嘩の発端は、『ある少年が、ある少年から裏で悪口を言われた』という理由だけである。たったそれだけのことで少年はその他の仲間を巻き込み、その悪口を言った少年を暴行し、多くの未来ある少年の方向性を、悪化させてしまったのだ。

 

『始まりは、どんなものでも小さい。』

 

小さなことを過小評価してはならない。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

キケロ『始まりは、どんなものでも小さい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『どれほど、たくさんの知識を頭に詰め込んだとしても、使わないなら、意味がないどころか重たいだけだ。』

 

『もし人がこの世界から、人間を結合している親切のきずなをたち切ってしまうならば、どんな家も、どんな都市も存続することは出来ない。』

 

『賢明な思考よりも、慎重な行動の方が重大である。』

 

『同じ石に二度もつまずくことは、世間の笑いものになる恥辱である。』

 

『友情において次の掟を守りなさい。厚顔無恥な事柄を要求せず、また要求された場合でも了承しないこと。』

 

『奴隷制度は人間の権利の否定であり、人間の価値の否定である。』

 

『金銭に対する欲は避けるべきだ。富を愛するほどに狭量かつ卑しき精神はない。自己の所有しているもの以上に望まぬ者は富者である。借金は底なしの海である。』

 

『沈黙を守っている知恵、あるいは発言する力なき知恵は無益である。知恵とは、求むべきもの及び、避けるべきものについての知識である。』

 

『自分自身に全面的に頼り、自分自身のうちにすべてを所有する者が幸福でないということは有りえない。幸福なる生活は、心の平和があってこそ成り立つ。』

 



↑ PAGE TOP