名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ガンジー『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

ガンジー


インド宗教家 ガンジー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


真理の探究の為に人生を生き貫いたガンジー。彼がヒンズー教徒だとか、仏教徒だとか、聖書を読んだとかそういうことは関係ない。真理の探究をしようと思う人間の目は、鋭いということだ。

 

この発言に私は、大いに共感する。私も両親や祖母がクリスチャンなのだ。だが、私はクリスチャンではないのである。

 

これが大変だった。

 

クリスチャン

 

同じような境遇にある人は大勢いるだろう。私もその一人で、そしてそれについての葛藤は、未だに続いている。これは、一生続くのだ。

 

まず、教会に行かなければ力づくでもって怒鳴られた。それらの言うことを聞かないと『反抗期』と言われ、何も信じる指針が無くなって家を飛び出すと、もう何から何まで、全ての責任を私が負うことになってしまった。

私が逃げれば逃げるほど、『北風』で持って私の衣服を脱がそうとする両親。ひどいのは、彼らがその行動を『太陽』だと思っていたということだった。だが、それは『北風』だったのだ。

それからしばらく『北風と太陽』は続いた。



クリスマスに対する気持ちも、人と同じではない。クリスマスは、私が『反抗』するキリスト教の礎、イエス・キリスト降誕の日。私はそれからしばらく、クリスマスに友人や恋人と祝うことに対する、自分の気持ちの矛盾に対する気持ちの整理がつかなかった。

 

クリスマスだけではない。お参りもそうだ。葬式も、墓参りもそう。私は周囲の友人達や世間一般が、何も考えずにその行事を行うのを横目に、

 

(俺はクリスチャンじゃないからクリスマスを祝う資格はない。仏教徒でもないから、お参りも、葬式も、墓参りもそうだ。全ての神的行事を俺は、軽々しくやってはいけないはずなんだ。)

 

そう思って生きてきた。そしてそれは生きている限り続く、葛藤なのである。

 

そんなとき、孔子のこの言葉に出会った。

『あなたは本当に信心深いか?エセ(似ているが違う人)ではないのか?』(超訳)

 

そしてブッダですら、

『個人(私)を崇拝するな』

 

と言っていたというではないか。

 

人間とはなんと愚かな生き物だろうか。そして奇しくも、宗教を人一倍嫌っていた私が一番、『本当の宗教』を重んじていたのだ。

 

父は亡くなったが、今、母は、私に対して宗教の強要をしてこない。いや、つい一年前まであったのだ。それを打破したのは、まぎれもなくこの私だ。

 

母の名誉のために言っておくが、母に悪気などない。『太陽』だと思っていたからだ。だが、私が長らく溜めていた宗教に対する真の教えについて話をすると、はじめこそ、

『あなたは、真理の追究をする自分が正しいと思ってるの?』

 

などという感情に身を任せた愚かな発言こそあったが、私の意志が断固として固いということを知ると、そのあとすぐにその発言についての軽率さを思い知り、今では一切昔のように強要することは無くなった。

 

自分が20年以上もの間『北風』だったという事実を、これから時間をかけて少しずつ少しずつ、飲み込んでいくのだ。それでいい。私は彼女の存在を、恨んでいるわけではないのだ。たった一度の人生に、悔いを残してほしくないだけなのだ。

 

彼女はクリスチャン。私とは違い、迷い、さまよえる子羊なのだ。彼ら、彼女らに完璧を求めてはならない。求めては、ならないのだ。

 

子羊

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『宗教の本質は『慰め』ではない。『戒め』である。そうじゃなければ、残忍な殺人行為も慰められる(肯定される)。』

 

黄金律

『宗教を語る人間は嘘くさいが、宗教を語らない人間に、人間を語る資格はない。』

 

 

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ガンジー『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『暮らしの中に、ある程度の快適さは必要です。しかし、一定レベルを超えると、それは役立つどころか心の足かせとなります。』

 

『人は欠点に気づいたならば、即座にそれを改めなくてはならない。改める行為そのものが、人間にとって価値ある正しいことなのだ。』

 

『幸せだけを追い求める心が悲劇を招き寄せる。幸せは悲しみと苦しみを克服した心が生み出すものです。』

 

『人はなぜ心に恐れを抱くのか。それは、自分の魂の力を、真理の力を信じていないから。』

 

『前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。』

 

『明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。』

 

『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。』

 

『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

 

『私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。』

 

『自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。』

 

『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』

 

『人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。』

 

『あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。』

 



↑ PAGE TOP