名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

養老孟司『人生の分かれ道で、安全な方と危ない方があれば、危ない方を選べ。』

養老孟司


日本解剖学者 養老孟司


道が二つある。

 

さて、どっちの道へ行くべきだろうか。

 

どっちでも同じ?とんでもない。

 

ドイツの詩人、シラーは言う。

『人生において、諸君には二つの道が拓かれている。一つは理想へ、他の一つは死へと通じている。』

 

一つは『死』へと通じているのである。『死』とはどういう意味だろうか。いや、その前に『生きる』という意味を知った方が良い。

 

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

同じく、ルソーは言う。

『慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。』

 

芸術家、岡本太郎は言う。

『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

 

自分の人生は、一度しかない。二度や三度ではないのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

養老孟司『人生の分かれ道で、安全な方と危ない方があれば、危ない方を選べ。』




↑ PAGE TOP