名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

徳川家康『人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。不自由を常と思えば、不足なし。』

徳川家康


日本武将 徳川家康画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


3歳にして母と別れ、6歳にして人質に出され、自分の実の娘と妻を殺害せざるを得ない苦難を強いられた家康。この前置きを聞いた上で、改めてこの言葉を聞くと違うだろう。

 

『人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。不自由を常と思えば、不足なし。怒りを敵と思え。己を責めて人を責めるな。』

 

修羅の道を生きた人間にしか見えない人生の掟がある。その掟がいかに強固な力を持っているかは、260年以上もの間、泰平の時代をもたらした家康の功績を見れば、おのずと理解るだろう。

 

流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

 

この世は、人生は、『不自由が常』、『諸行無常』である。まずはそれを受けいれてからだ。本当の『自由』が何かを知ることが出来るのは。

 

また、この話の真意を理解するためには、以下の考え方も重要だ。

 

足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

 

生きているだけで丸儲けなのである。

 

足るを知る

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

徳川家康『人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。不自由を常と思えば、不足なし。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。』

 

『はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。』

 

『一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。』

 

『諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ。』

 

『多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。』

 

『決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。』

 

『天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。』

 

『重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。』

 

『最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。』

 

『敵だというのも自制心を忘れた怒りである。』

 

『真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。』

 



↑ PAGE TOP