名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

安藤百福『彼女たちはどうしてあんな格好をしているのか?』

安藤百福


日本実業家 安藤百福画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


戦後の混乱期に全財産を失った安藤だが、48歳のときに、世界初のインスタントラーメンである、あの『チキンラーメン』を開発した。世界的ヒット食を生み出す大成功を収めた後も安藤は、新商品をすべて味見、宇宙食開発に着手するなど、探究の手を抑えることはなかった。

 

常にアンテナを張り巡らせていた安藤が、ガングロギャルのファッションを見て言ったのがこの言葉だ。どんな流行でも、その原因・真理を調べさせ、新事業に生かそうとしていたのである。

 

今でこそ当たり前のインスタント系のジャンクフードだが、当時からすれば安藤が生み出したアイディアは、あまりにも奇想天外だ。周囲には理解できない人も大勢いただろう。だが、 ”それ”こそが、安藤が偉人たる所以である。

 

ジャンクフード

 

セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

 

また、世界の北野こと、北野武もこう言っている。

『俺は周りが9人、白と言ったら、1人、黒と言ってきた。

 

”周り”は、『天才集団』や『神々』ではない。”周り”は、『たまたま自分の周りにいた人たち』だ。むしろ、自分の”周り”と意見が一致することに、ある種の違和感を覚えられないのであれば、安藤のような偉人になることは、諦めたほうがいい。

 

『多くの人が”協調性”を愛する』?

 

『人混みがあるところにいると安心する』?

 

『あいつは人づきあいが悪い孤独で不気味なやつだ 』?

 

”同調”と”協調性”の違い、

 

”天邪鬼”と”確固たる意志”の違い、

 

”頑固”と”頑迷”の違い、

 

”孤独”と”孤高”の違い、

 

凡人から脱却するには、まずはその違いを理解してからだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

安藤百福『彼女たちはどうしてあんな格好をしているのか?』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『創業者利益を手中にする有効な方法は、スタートから大きく引き離すことだ。』

 

『転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんでこい。逆境に立ってすべての欲とこだわりとを捨て去ったとき、人は思わぬ力を発揮できる。』

 

『事業化できないアイデアは単なる思いつきにすぎない。本当のアイデアとは実用化されて、成功を保証するものである。』

 

『樹齢二千年という立派なブナの木があるが、もとをただせば鳥のフンからだ。創業とは一粒の種をまくことである。』

 

『発明したと思っていても世界では同じことを考えている人が3人いる。』

 

『中小企業は何から何まで自分で工夫しなければならない。余計な資金がないから一歩ずつ着実に踏みしめる健全性がある。そういう小さな大企業になりたい。』

 

『無駄なお金は一円たりとも使ってはいけない。生きたお金なら惜しみなく使いなさい。』

 

『私は医者や弁護士であっても、専門家の言うことを鵜呑みにはしない。ときには素人の発想が正しいこともある。素人だからこそ常識を超えた発想ができる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP