名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

平賀源内『わがままに、自分のやりたいことに専念するために、脱藩したい』

平賀源内


日本発明家 平賀源内画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


脱藩して大きな可能性の秘める大海原である江戸へ行く。たしかにそれはいろいろとリスクの多い決断である。だが、凡人として人生を終わらせる気がない人間の合言葉は、『もっとリスクを負う』なのだ。

 

優秀だった源内は何度か引き止め工作に遭っている。かつて、かの武田信玄は、自分より優秀な人間の首を切り、自らの保身を強引に確保していたというが、『出る杭は打たれる』。優秀であればあるほど、立ちふさがる試練は大きくなる。

 

しかし、イチローは言った。

『壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。』

 

壁

 

一度しかない人生。やりたいことをやって、別に失敗して野垂れ死ぬことになっても、宇宙規模の時間で言えば、ほんの瞬きをする時間だけ、人よりも早く人生を全うするだけだ。

 

”やるべきこと”から目を逸らし『生きながらえる』人生よりも、ずっとこの世を生き貫くことが出来るのは、 ”やりたいこと”を、 ”やるべきこと”に昇華させた人間である。

 

我々は、たった一度の人生を生きているのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

平賀源内『わがままに、自分のやりたいことに専念するために、脱藩したい』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『良薬は口に苦く、出る杭は打たれる習ひ。』

 



↑ PAGE TOP