『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『真の指導者の在り方とは。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

まず、そのまま書こう。

 

ーヨハネによる福音書 第10章ー

『自分の羊を持っていない雇われ羊飼いは、 狼が来るのを目にするや羊たちを置いて逃げ出してしまう。しかし、 自分の羊を持っている良い羊飼いは、 羊の為に自分の生命を捨てる。 羊に生命を与えるために、自分の生命を捨てる。 そのことを羊たちも、よく知っている。』

 

つまりこういうことだ。部下、後輩、弟、妹、年下、舎弟、弟子、生徒、何でもいいが、 そういう存在がいない、 あるいは、 そういう存在を駒や道具だと思っている、 もしくは、 そういう存在に慕われていない人間は、 狼に遭って、逃げる人間である。

 

そうじゃない人間は、 逃げるのではなく、その逆の行動を取る。 私利私欲を優先しない。 優先するのは、その対象者たちの命だ。はたして羊たちは、どちらの人間を信頼するだろうか。このことから学べるのは、 真の指導者の在り方である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ヨハネによる福音書 第10章。

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』“]

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧