『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『スターリンが言った言葉は間違っている。だが、間違っているのはスターリンだけではない。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

ソ連の暴君と言われたスターリンは、こう言った。

 

この言葉を言い放ち、多くの人を死に追いやったスターリンは当然間違いを犯した。しかし、スターリンが言い当てるこの『人間の本質』自体は的を射ていて、事実、人間にはそういうある種の感覚麻痺した一面がある。その感覚麻痺はズバリ、間違っている。震災の時、

 

1万人が死んだ。
1万5千人を超えようとしている。

M9.0だ。
地球史上一番大きい地震だ。

歴史的だ。
1000年に一度だ。

 

色々と騒いだが、北野武がそれについて言及したことは、私が震災を通して感じた妙な違和感の本質を捉えていた。

『2万人2万人って、 あんまり人数で言わない方がいいと思うんだよな。そういう言い方すると、 人数の方に頭が先行しちゃって。 それは違うと思う。一人一人の人間の命が亡くなったんだ。』

 

その後スターリンの言葉を知った。そして聖書は『マテオによる福音書 第18章』で、

『100頭いた羊の1匹が逃げ出した。だが、99頭いるから別にいいか、という発想ではなく、どこまでも羊を探した。ようやく羊を見つけると、羊飼いはとても喜んだ。神は小さな者の一人だに滅びることを望んではいない。』

 

と書いていることを知った。スターリンは、この言葉の意味を曲解し、あるいは援用したのだ。この章に書いてあることは、『命を数字で判断してはいけない』ということ。 つまり、この時ばかりは北野武が抱いた違和感が、正しい感覚である。スターリンが言った、多くの人が感覚麻痺として陥ってしまう『誤認』は、間違った感覚の在り方である。

 

イギリス著作家ウィリアム・ヘイズリットは言う。

 

この様な『感覚麻痺』も、同じく人間の間違った感覚の在り方である。まずはそれを知るだけで充分だ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
マテオによる福音書 第18章。

関連する黄金律

『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧