『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『虹の存在理由を忘れたか。虹は、この星が今日も無事であることを知るためのサインだ。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

聖書には『虹は私がノアに向けたサインだ』と書いてあり、ノアとは、『ノアの箱舟』のノアなわけだが、彼が背負った使命は、地球に住むすべての生命を守るというものである。虹が出る限り、神は地球の状態を良しとしている。さしずめ虹は、神の承諾のハンコだ。

 

(今日も無事に地球があるな。)

 

そう考えると、確かに虹が出ているということは、地球の自然が正常に機能している証拠である。だが気を付けなければならないのは、『太鼓判ではない』ということなのだ。 『ハンコ』であって、『太鼓判』ではない。

 

神(神の存在の有無は置いておいて)のスケールは大きい。 だから、テロや戦争、不和や不祥事といった人為的なブレに関しては、人間レベルで考えたら、極めて寛容である。人間はミスをするものだと、最初からわかっているからだ。だが、虹は『太鼓判』ではない。それを間違えると、地球は消滅するだろう。

 

例えば、核爆弾で戦争をするとどうなる。『虹』は出るだろうか。

 

アインシュタインは言った。

 

虹が出るような状態なら、まだ取り返しはつく。そのことを肝に銘じなければならない虹が出なくなった。それは、地球の終わりである。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
創世の書 第9章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧