『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『人として偉くなりたいのであれば、偉そうにしてはならない。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

人の上に立ち、人を支配し、権力やときには腕力をふるって、あるいは財力を使って部下の人生を牛耳る。特権の乱用、越権行為、とは、いずれも『権利を超えて、出過ぎた行為』という意味。つまり、人として『やりすぎ』という行為のこと。人間には優劣などない。あるのは環境の差異だけだ。

 

確かに、ビジネスやスポーツなど、舞台を限定すれば、表層的な優劣はつくだろう。だが、また違う舞台になればどうだろうか。『全ての舞台』において万能な人間などいない。そうふるまっている人がいるとしたら、それはただ『誤魔化すのがうまい』だけだ。

 

本当に偉い人は、みんなの召使いになれる。本当にみんなの上に立つような人とは、誰にでも快く仕える奴隷になることが出来る。それが出来ないというのなら、おそらくそれは、二流、三流の人生で満足しているということだ。『みんな』の規模が、小さいということだ。

 

世の中には、特権の乱用や越権行為を、見抜く人は大勢いるのだ。その人たちの上に立つことはできないだろう。その見識ある彼らの上に立てないで、どうして『偉い』と言えるのだろうか。よもや、小学生のガキ大将を、偉いと思っている人はいるまい。

 

偉そうな人に、偉い人はいないのである。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
マルコによる福音書 第10章。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧